北海道の被災者及び原発避難者支援団体の公式サイト(札幌の受入情報)

北海道の被災者及び原発避難者支援団体|ようこそあったかい道

各学校に関しての情報

    北海道

    小中学校

    小・中学校の児童生徒については、受入れを希望する市町村教育委員会または希望する小・中学校にお問い合わせください。
    市町村教育委員会の連絡先
    小・中学校に関しては 北海道教育庁学校教育局義務教育課 電話(011)204-5769 (直通)

    高等学校

    東日本大震災により被災し、札幌に避難された生徒の高等学校への転入学の受け入れについては、
    北海道教育委員会と札幌市教育委員会が連携・協力しながら、
    転入学が可能な高校についての情報提供や、転入学に必要な連絡・調整を行っております。
    高等学校に関しては 北海道教育庁学校教育局高校教育課 電話(011)204-5764 (直通)

    特別支援学校

    特別支援学校に関しては 北海道教育庁学校教育局特別支援教育課 電話(011)204-5774 (直通)

    ※北海道の高等学校及び特別支援学校の児童生徒の受入
    被災地域の高等学校及び特別支援学校の児童生徒の中に、保護者の転居等により、
    北海道の公立高等学校及び特別支援学校への転入学を希望する者があれば、
    受入れが円滑かつ迅速に行われるよう、転入学に係る相談や手続き事務の支援を行うことといたしました。
    北海道の高等学校及び特別支援学校の児童生徒の受入れについて(PDF) 

    札幌市

    市立保育所

    被災した児童の保育所優先入所や、保育料の免除等の取扱いを行っています。詳しくは、下記担当にお問い合わせ下さい。
    子ども未来局子育て支援部保育課 電話:011-211-2986(直通)

    市立幼稚園

    東日本大震災により被災し、札幌に避難してきた幼児が市立幼稚園への転入を希望してきた場合は、通常の転入の取扱いと同様、園児数が定員に満たない園において、定員になるまで受け入れを行っております。
    詳しくは、入園を希望する市立幼稚園へお問い合わせください
    札幌市教育委員会学校教育部教育推進課 電話番号:011-211-3851

    小中学校

    東日本大震災により被災し、札幌に避難してきた児童生徒の転入学につきましては、
    住民票の異動ができなくても学校で直接受け入れをしております。居住地の校区の学校へおいでください。
    詳しくは、校区の学校か教育推進課へ(011-211-3851)

    公立高等学校

    東日本大震災により被災し、札幌に避難された生徒の高等学校への転入学の受け入れについては、
    北海道教育委員会と札幌市教育委員会が連携・協力しながら、
    転入学が可能な高校についての情報提供や、転入学に必要な連絡・調整を行っております。
    札幌市教育委員会指導室高等学校班へ(211-3861)

    札幌市避難児童生徒修学支援一時金

    給付の趣旨

    通学や学校生活で必要とする経費の一部として使用していただくことにより、安心して学校生活を送れるよう支援するため、避難児童生徒修学支援一時金を給付してます。

    一時金を受けることができる方

    一時金を受けるには、以下の要件に該当することが必要です。
    東日本大震災の被災地から、札幌市に避難されてきて、通学されている小学生、中学生及び高校生が対象です。
    ※東日本大震災の被災地とは、
    (1)東日本大震災にかかる災害救助法の適用がある市町村
    (ただし、帰宅困難者に対して同法が適用されている東京都は除く。)
    (2)福島第1、第2原子力発電所事故に伴い、避難指示、屋内退避指示が出ている地域
    (計画的避難区域、緊急時避難準備区域、警戒区域を含む。)

    金額

    小学生、中学生、高校生各一人当たり20,000円

    給付方法

    申請に必要な手続書類は学校で配付しています。
    対象児童生徒の保護者から学校を通じて札幌市教育委員会へ申請してください。
    給付は口座振込みで行います。
    避難児童生徒修学支援一時金

  • hard money personal loans
  • 100 guaranteed approval on payday loans
  • 100 payday loans